スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM小説ってそもそも何だろう?~その2~

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さて、今、『ネギの舞台裏』の記事を改めて見直してみたけれど、DM小説ってそもそも何だろうっていう疑問に真正面からぶち当たった記事って書いてないね。DM小説の書き方に関する記事なら、夏にしっかりしたのを書いたけれど」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今日はDM小説に関する何を説明するの?)」
ネギ博士「今日からしばらくはDM小説の分類に関する記事を書こうと思う。それが終わったら、実際にこっちでも(過去作品の再録だけど)DM小説を掲載してみるよ」

◆DM小説の種類~クリーチャー世界のDM小説~◆
ネギ博士「DM小説は大きく分けて二つに分類できるって書いたけれど、その内の一つがこれ。『クリーチャーの世界の話』だよ。この分類云々も『ネギの舞台裏』で書いたと思うんだけどなぁ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クリーチャーの世界の話って事は、カードの向こう側の物語だね)」
ネギ博士「そうなのさ。もう一つのDM小説が『DMカードを実際にプレイする話』だから、それはこっち側の話になるわけ。コロコロのマンガだと別冊でやってたゲットの話とか、ホノオの話とか最近読み切りであったトドロキの話とかね。視覚情報でとらえられるクリーチャー世界の話だから、書こうと思っている人は目を通しておいてもいいんじゃないかな?ちなみに、クリーチャー世界について書かれたマンガだったら、上山道郎先生が読み切りで書いてらしたのが一番好きだな」

◆クリーチャー世界系の話を書くための参考資料◆
ネギ博士「さて、『DMカードを実際にプレイする話(以下、プレイ系と省略)』と違って『クリーチャーの世界の話(以下、クリーチャー世界系と省略)』はクリーチャー達の生活環境とか住んでいる世界を想像して考察しなくちゃいけないからそこが大変だ。イラストを見れば判ると思う?カードのフレーバーを見れば判ると思う?確かに想像する材料にはなるね。だけど、DM小説を書くにはもっともっと資料が欲しいところだ。資料は多ければ多いほどいいからね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、クリーチャーの世界の資料なんてあるの?タカラトミーの人とか、関係者の人しか知らないんじゃないの?)」
ネギ博士「大丈夫だ!資料はきちんと転がっている!例えば、小学館から出ている全方位カードファイル。最近のはどうもストーリーがしっかり見えてこないけれど、昔のはきっちり書き込まれているから、参考になるぞ!スターマンがバジュラを一刀両断とかそんなショッキングな事も書いてあったりするぞ!DM小説のためだけに買うと思うと高いけれど、どんなカードがあるのかとかカードの使い方の視野を広げるのには結構使えると思うよ。
でも、お金かけたくないっていう人の方が多いよね。プロじゃないからね。そんな人は『Duel Masuters Wiki』背景ストーリーを読んでみよう。全方位カードファイルに書かれている事も載っているから参考になるぞ!
あと、これは個人の考察なんだけれど、『親子のためのデュエルマスターズ』を読んでみよう。最近のコラムだとクリーチャーの世界に関する事柄は触れられていないけれど、さかのぼってみると深い考察をされているのがよく判る。「覇王ブラックモナークとは何者なのか?」みたいな考察が参考にならないはずがない!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:実際にカードのイラストやフレーバーを見て考える事も重要だね)」

◆クリーチャー世界系の話を書く時のメリットと注意点◆
ネギ博士「実際に書きたくなった?じゃ、書こうぜ!って言いたいところだけど、まだちょっと待ってね。クリーチャー世界系の話を書く時のメリットについて説明しよう。私が見た範囲内での話だけれど、クリーチャー世界系の話ってあまり書かれていない
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうして?人気がないの?)」
ネギ博士「どうしても、プレイ系に比べると感情移入がしにくいのか人気はいま一つだよね、盛り上がっていない感じ。だけど、これから書く人にとっても今書いている人にとってもこれはチャンスなんだよ。あまり書かれていないって事は差別化が図りやすいって事なんだ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:そっか!差別化が図りやすければ、個性的な作品が書きやすくなるね。自分らしい作品だって判断してもらえるチャンスかも!)」
ネギ博士「その通りなんだよ、わん太ちゃん。もちろん、差別化を図るためにはそれなりに考えて個性を出そうとしなくちゃいかんけれど、プレイ系の比べるとものすごく簡単だ。
さて、実際に書く前に注意点というかお願いというか気をつけてほしい事がある。クリーチャー世界系は考えようによっては一種の二次創作と言えるかもしれないんだ。フレーバーテキストでも書かれているように、クリーチャーには性格がある。その性格を無視して勝手なキャラづけはしない方がいいって事。思い入れの強いクリーチャーっているよね?それがおかしなキャラづけをされていたら嫌でしょう?だから、プレイ系の話よりはキャラクターについてじっくり考えなければならないんだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:クリーチャーの性格を知るためには、上で紹介されていた資料を参考にするといいね!)」
ネギ博士「次に世界観を活かす想像力。クリーチャー世界系の話は文字通りクリーチャーの世界で繰り広げられるドラマなんだから、彼らの住んでいる世界を想像しなくちゃいけない。色々スケールの違う世界が広がっていそうだよね。
そして、最後に。これは注意点というより個人的な好みなんだけれど、クリーチャー世界の話はハードに高年齢向けに書いてもいいと思うんだ。対象年齢としては小学校高学年から中学生くらいを対象にした感じのものね。
というのも、フレーバーテキストの味わい深さっていうものは、小学校高学年くらいから判ってきそうだと思うし(個人的な考え。ソースはない)。別コロでやっていたクリーチャー世界の話ももっと大人っぽくしてもいいんじゃないかなと思うんだよ。無理に子供向けにして作品としての質を落としている気がするんだよね。ちょっと難しくても、大人っぽい雰囲気を醸し出した方が格好よく仕上がると思っているわけです」

◆おわりに◆
ネギ博士「クリーチャー世界系の話、もっと増えてくれないかなぁ……。おもしろいのが読みたいんだよね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士が書けばいいじゃない!)」
ネギ博士「そんなマリー・アントワネットみたいな事を言わないでくれよ、わん太ちゃん。クリーチャー世界系の話だと連載でも長いのは難しいな。私の実力だと。とりあえず、ここでも過去に書いたクリーチャー世界系の話をサンプルとして挙げておこうか。これからのDM小説家の研究資料として使っていただきたいものです」
スポンサーサイト

フリーゲームとインプット

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さて、DM小説について語る事が多すぎて整理しきれていないけれど、どんどん語っていこうか。今回はぶっちゃけて言っちゃうと、DM小説とはあまり関係がない話だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:関係ない話を書いちゃだめだよ!)」
ネギ博士「何を言うんだ、わん太ちゃん。確かに今までこの流れで言うと、『ネギの舞台裏』ではどうでもいい馬鹿話になっていたけれど、今回は意味のある話だ。
小説を書くならば、というより創作をするのならば『インプット』と『アウトプット』という二つの言葉がある事は覚えておかなければならない。今回、話すのは『インプット』に関する話だ。
小説を書くならば、できるだけ色々な知識をインプットしておいた方がいい。私が考える小説を書く上で必要な知識は二種類ある。

一つは、漠然とした単純な情報に関する知識。みんなが知っている事とか専門的な知識とか雑学とか何でもいいけれど、とりあえずは単純なそこにあるだけのデータね。専門的な知識を持った主人公や専門的な知識を使う小説の場合、この単純な知識が必要になる。
ほら、医療小説を書くのに医学についてまったく知らないけれど、書きますっていう人はいないでしょ?いるかもしれないけれど、それではきちんと書けないでしょ?だから、調べたり取材したりするんだよ。DM小説だったらデュエル・マスターズに関する事柄(デッキ、カードの効果、プレイなど)がこれに当たる。

で、今回紹介するのはもう一つの知識。物語の作り方とか動かし方とかの知識だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:セリフ、長かったね。はい、お水)」
ネギ博士「ありがと。物語の作り方とか進め方とか動かし方を学ぶには、実際に色々なストーリーを見るのが一番いい。有名な作家さんは映画をよく見ていたりするケースがある。そんな感じでストーリーの作り方を叩き込むんだ。
とはいっても、映画をいっぱい見たり本をいっぱい読んだりするのには金がかかる。それにもっと手軽な方法もあるかもしれない。
というわけで……そろそろ気づいて欲しい。このブログの右上に何かないかな?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:あ!何かあったよ!あれはなんなの!?)」
ネギ博士「某フリーゲームサイトの機能の一つを借りてきた。ランダムでフリーゲームが紹介されるから、気に入ったのがあったらクリックしてダウンロードしてプレイしてみるといい。大抵、ダウンロードしたらそのまま遊べるし、遊ぶのにツールが必要なものもあるけれど、それも無料だ。
短いものから長~い大作まであるぞ。色々なクリエイターのアイディアに触れるいい機会だと思うんだ。本当におもしろいものもあるから、無料だからって馬鹿にはできないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:無料で遊べたら手軽だし、楽しいね)」
ネギ博士「その通り。ただし、おもしろすぎて時間を忘れても私は責任を取らない。
うん、楽天だと設置できなかったけれど、これでようやく設置ができた。うれしいよ~」

ネギ博士「お前は、今まで食った鍋料理の数を覚えているか?」

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さて、三日目にして、いきなりDM小説に関係ない記事だよ、わん太ちゃん」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ちゃんとDM小説の事を書かなきゃだめだよ!)」
ネギ博士「怒る気持ちは判る。だが、待ってくれ。FC2のブログではトラックバックテーマというものがあって、それが毎日変わる仕組みになっているらしい。今回は『第606回「この秋、お鍋はもう食べましたか?」』というお題だったのだ。最近、突然寒くなって困ってしまった私としては鍋料理が恋しいのだ。鍋大好き!
というわけで、今日は鍋料理について語ってみようと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:鍋料理について語るって言っても、ぼくは犬だから食べられないよ)」
ネギ博士「鍋は堅いからね」
わん太ちゃん「…………」
ネギ博士「ごめん。こういったジョークは必須だと思ったんだ。
私と鍋料理の思い出ってのは結構あるかな。例えば、一人暮らしをしていた学生時代に吉祥寺で食べたキムチチゲはすごくおいしかった。私の知り合いと友人Y氏と私の三人で行ったんだけどね。私の知り合いがそこを紹介してくれて。私も友人Y氏も辛いのが苦手だったんで、ちょっとやばいかな~って思いながら食べ始めたんだけど、これがおいしい!本当においしかったよ!おいしいものを語るボキャブラリが不足しているからうまく説明できないけれど、突き刺すような辛さはなくまろやかで食べやすかったね。その時も、急に気温が下がった頃だったから、温かい鍋で体が温まったね。
他には、また一人暮らし時代に友人Y氏と一緒に食べた鍋の話なんだけどね。これは、店に行って食べたんじゃなくて、私が調理した奴。当時のバイト先の忘年会のくじで一等賞のカニを当てたので、それを鍋にして調理しようって事になったんだよ。で、近くのスーパー行って材料買って。
でも、カニなんて普段料理しなかったから(一人暮らしの学生にそんな高級食材を調理する機会なんて皆無に等しいはずだ)大家さんに調理法を聞いて(その時におすそ分けするのは忘れなかったぜ)カニが入りそうな大きさの鍋は友人Y氏のとこにしかなかったから、彼のところに行って作って食べた記憶がある。あのカニはうまかったなぁ……また食べたいな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:へぇ~、博士って「よっしゃ!イタリアンだ!ピッツァマルゲリータだ!エスプレッソだ!」とか「よっしゃ!そばだ!」って外食の時はイタリア料理とそばしか選ばないような人だから、鍋料理の思い出があるのって意外だったよ)」
ネギ博士「日本人にとって鍋は一種のソウルフードなのさ。鍋で調理すると言えば、永谷園の煮込みラーメンがあるけれど、あれも簡単にできて結構うまいし、体も温まるよね。今、一人暮らしをしている人やこれから一人暮らしを始めようと考えているそこの君!野菜とか肉とかと一緒に買っとけ。うまいぞ。私は野菜とか肉とかと一緒にモチを入れて食べた事もあるよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なんだかおいしそうだね)」
ネギ博士「うん、記事書いてたら食べたくなってきたよ。他にも多摩センター三越のレストラン街にもすき焼きとしゃぶしゃぶ食べ放題の店があって、そこに行ったとかいろいろな思い出があるけれど、今日はこのあたりで終わりにしておこうかな?
鍋の話をしたら、食べたくなってきたよ。近くにおいしいところがないか探してみようかな?」

DM小説ってそもそも何だろう?~その1~

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「皆さん、ばんわんこ。ネギ博士です」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こんばんは!わん太だよ!)」
ネギ博士「眠い体に鞭打って記事を書くぜ!ここはDM小説メインにするって決めたから、可能な限りDM小説について書かないとね!
まあ、そもそも「DM小説って何よ?」って人多いんじゃない?手、上げてみて」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士まで上げてどうするの!)」
ネギ博士「はっはっは、DM小説とはなんだろうという命題を常に考えている私にとって「DM小説って何よ?」という疑問は片時も頭から離れないのだ!……すんません、半分嘘です。DM小説の事を忘れている時も結構あります。
さて、そんなボケはスルーだ!スルー!
DM小説の『DM』とはデュエル・マスターズの事。だから、デュエル・マスターズについて書く小説だよね。だが、デュエル・マスターズについて書くといっても、マンガの二次創作じゃない」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:DM小説はデュエル・マスターズのカードゲームについて書くオリジナルの小説なんだよね!)」
ネギ博士「がーん!私がくっだらねぇボケをかましている内にわん太ちゃんが答えを言ってしまったぞ。その通りだ。だが、一口にDM小説といっても色々なものがある」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:大まかに分けて、デュエル・マスターズを使って実際にプレイする人達の小説とクリーチャーの世界を書いた小説だよね!)」
ネギ博士「がーん!またわん太ちゃんに先を越されてしまった。その通りだよ、わん太ちゃん。DM小説と言っても大まかに分けて二つの種類が存在するんだ。次回から、その二つのDM小説の特徴と私が書く時に気をつけた事などを書いていこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今、書かないの?)」
ネギ博士「もう、今日は眠いよ……」

このブログについて

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。fc2に引っ越してきた。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「初めての人もそうでない人もはじめまして。そして、こんにちは。もしくは、こんばんは。
この記事を書いているネギ博士です。余所でこんなブログをやっています」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:はじめまして!ぼくはわん太だよ!)」
ネギ博士「何を思ったのか新しいブログを作ってしまったよ、わん太ちゃん。いろいろな人からアホって言われそうだけど、どうしよう?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:『ネギの舞台裏』を読んでいてくれた人なら、博士がアホだって事くらい百も承知だよ!
博士、これは何をするブログなの?)」
ネギ博士「ふむ。旧ブログ『ネギの舞台裏』は本当だったら、DM小説の舞台裏とデュエル・マスターズについて語るブログだったはずだが、何だか最近まともなデュエル・マスターズのブログになってきていて、初期の暴れっぷりがなくなってきたというか何というか……。
とか、そういうのは関係ないけれど、心機一転DM小説に関する事だけをメインにしたブログを作りたくなったんだ!ここでは、DM小説について語っていくぞ!デュエル・マスターズの戦略とかは『ネギの舞台裏』がメインになりそう。
あと、これは詳しく言えないんだけど、来年春の……もごもごもごもご」
わん太ちゃん「わんわん(訳:もごもご言ってたら判らないよ。あ!いつの間にか博士の口に大きなお饅頭が!)」
ネギ博士「もごもご……おいしかったけれど、口が動かせなくて大変だったぜ。これは来年春の企画をしゃべらせないようにという何者かの陰謀に違いない。
ここでは、DM小説について語っていくって言ったけれど、他の小説についても語っていくかもしれないぞ!とりあえず、DM小説好きな人もDM小説を書きたい人にとってもそして、今、DM小説を書いているクリエイターにとっても参考になるブログになるといいなぁ……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:いいなぁって他力本願だよぅ……)」
ネギ博士「書いている内に慣れるだろう。
皆様、新ブログ『ネギ博士とわん太ちゃんのDM小説研究所』をよろしくおねがいしまーす!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:こっちも『ネギの舞台裏』もよろしくね!)」

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。