スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適切な手抜き(DM小説編)

 登場人物
・ネギ博士
このコラムを書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。
ネギ博士「今日の記事は『ネギ博士とデュエル・マスターズとふゆかいななかまたち』を開設して初めてのリンク形式のコラムだ。ここの記事と『ネギふゆ』の記事で内容がリンクしたような記事を書くよ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:リンクした記事は久し振りだね!今日は何について書くの?)」
ネギ博士「手抜きについて。手抜きを肯定した記事を書く」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:駄目だよ!手抜きを肯定するなんて!)」
ネギ博士「そういうもんじゃないぜ。手抜きの長所についてデュエル・マスターズもDM小説もしっかり語っていこうじゃないか」

◆小説における手を抜くという事の重要さ◆
ネギ博士「わん太ちゃんは手抜きを悪い事だと思っているみたいだが、本当に手抜きは悪い事なのか?いや、私だってリフォームの手抜きだとか家づくりの手抜きだとか公共工事の手抜きだとか悪い手抜きがあるのは知っているけれどね。全部が全部悪い手抜きじゃないって事よ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:悪くない手抜きってどんなの?)」
ネギ博士「それを今から説明していこう。といっても、今回のコラムはある程度レベルが高い人にとっては無用の長物な感じだけどね。
さて、小説ってのは長く続けるためにはある程度手を抜く必要がある。特にDM小説なんかは連載形式のものが多いわけだ。あれもやりたい、これもやりたいと詰め込みすぎると物語が肥大化しすぎて読み手が受け止めづらいくらい巨大なものになってしまいかねない。だから、適度なサイズを見つけて「これでいいや」って妥協する。妥協が悪い事のように思えるかもしれないけれど、どこで妥協するかの最適なバランスを見つけられるかどうかがうまい書き手と言えるかどうかの一つの差になるかもしれないね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、まだ納得できないよ)」
ネギ博士「じゃ、もう少し続けていこう。DM小説は大抵、連載形式だし、人によってはいくつかの作品を手掛けている事も多い。「この一作にすべてをかけるんだ!」じゃなくて「こういうのはあれでやったからこの作品では別の事をやってみよう」って一つの作品に欲張って色々なものを詰め込まない事で身軽に色々な作品を書ける。そうする事でバリエーションも増えるし、読み手はその豊富なバリエーションを楽しむ事ができる。
一つの作品にそれらの全ての要素を詰め込もうとしたら、一つ一つの要素がかすんでしまうよね。だから、肩の力抜いて妥協して一つの作品に詰め込める限界の容量を把握する事が必要」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そっか。妥協のバランスが大事なんだね)」

◆おわりに◆
ネギ博士「なんだかんだ言って「詰め込みすぎるな」の一言に尽きると思うんだよね。どこまで詰め込みたい気持ちを抑えるのか、どこまでなら詰め込みすぎてもOKなのかを把握する事がレベルアップにつながると思うんだよ。デュエル・マスターズでもDM小説でもね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:バランスを見失わないような冷静さが必要かもね)」
ネギ博士「そうだね。適格なバランスを覚えるにはやっぱり、書くしかない。小説をうまく書くための方法は書く以外ないんだからね。その中で自分専用の最適なバランスを見つける事になるはずなんだ」

追記
わん太ちゃん「わんわん!(訳:『ネギ博士とデュエル・マスターズとふゆかいなななかまたち』の記事はこっち!)」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

適切な手抜き(デュエル・マスターズ編)

 登場人物 ・ネギ博士 このブログの記事を書いている人。 ・わん太ちゃん ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。 ?

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。