スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コードDスペシャルファイル】ファイル8.早くも第二話更新!

 登場人物
・ネギ博士
このコラムを書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。
・相羽征市(あいばせいいち)
『コードD』の主人公。
・遠山陸(とおやまりく)
巨乳をこよなく愛する『コードD』の登場人物。
・二号(にごう)
征市の家にある征市の祖父、総一郎の肖像画のプライズ。肖像画なのに、空を飛ぶししゃべるぞ!

わん太ちゃん「わんわん!(訳:コードDスペシャルファイルは『コードD』第二話を読んでから読んでね!)」

ネギ博士「第二話キター!サボっちゃうと、復帰にものすげー時間がかかるから急いで書きあげました。おいら、がんばったよ……」
二号『俺のファンの美人ちゃん達、こんばんは。俺が『コードD』の真の主役、相羽総一郎だ!』
陸「肖像画が主人公なわけないだろ!僕が主人公だよ!」
征市「おいおい……本当の主人公無視して何言ってやがる。つーか、何で二号がここにいるんだよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:征市の保護者だって)」
征市「勝手に保護者面すんなよ……」
二号『征市がいつもお世話になってます。これをどーぞ』
ネギ博士「これはどうもご丁寧に。やったよー!ケーキもらったよー!というわけで、二号は征市の保護者になりました。決定です」
征市「ケーキに釣られんな!」
陸「なら、巨乳になら釣られてもいいんだね!」
征市「お前はワンパターンなんだよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:やっぱり、ツッコミ役は大変だよね……)」

◆第二話を書いて◆
ネギ博士「前回、「『コードD』は一話六千文字くらいにする」って言ってたけれど、一話に続いてまた一万文字超えてしまった。一話は一万文字ちょっとくらいだったんだけれど、二話は一万二千文字くらい書いている」
陸「一話ごとに長くなるんだね。二千文字くらい」
ネギ博士「やめてくれよ、そんな事言うの。その計算だと、六話で一話の二倍の文字数になる計算だぜ?三話は文字数減らしたいなぁとか思うんだけれど、また一万文字くらいになるかも。
二話では、ようやくレギュラーキャラのコツとかこの小説の空気とかをつかめてきた感じ。征市はどういう風に書けばいいのか、とか陸はどうやって動かせばいいのかとか。一話と二話書いてみて思ったけれど『東京』よりは重苦しくないけれど、『時任』ほど軽くもない感じ。今までにない比重の小説になったかな」
二号『こらー!二話では何で俺が出てないんだー!』
ネギ博士「ごめんよ。最初のプロットでは出そうと思っていたんだけれど、プロットを削ったり付け足したりしている内に、出るシーンがなくなっちゃったんだよ」
征市「二号が出ていたらどんなシーンが削られていたんだ?」
ネギ博士「多分、彩弓の出番がなくなっていた」
征市「メインヒロインの出番をなくすなよ!」
陸「セーイチさん、巨乳じゃないのはヒロインじゃないっすよ」

◆それぞれのキャラクターの説明◆
・一ノ瀬彩弓(いちのせあゆみ)
ネギ博士「この小説のメインヒロイン。ミニマムでコンパクトで幼い感じの外見の少女。髪型も二つ結びとか、幼く見える髪型にしてみた。『東京』の日芽でどうもこういう幼い感じのキャラクターは失敗した感じだとは思ったんだけど、リベンジの意味も込めて再チャレンジ。今の時点では、征市との会話しかないけれど、同年代の陸や菜央と絡ませても面白そう」
陸「こういうのが好きだなんて、セーイチさんはロリコンなんですね!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どんどんこのブログが変な方向に進んでいくよぅ……)」

・琴田菜央(ことだなお)
陸「巨乳で美少女のメインヒロインだ。子供のころ、僕と一緒に交わした「おおきくなったらけっこんしよう」という約束を今でも信じている純粋な心を持った女の子だ」
征市「おいそこ。勝手に設定を追加するな」
ネギ博士「『巨乳で美少女』までしか合ってないじゃないか!一話では陸との電話での会話シーンしかなかったけれど、二話でビジュアルも登場。物語のキーパーソンの一人として、毎回登場するだろう。彩弓が子供っぽいのに対して、若干大人びた印象になるように努力した」
陸「大人びた印象……。特に胸の辺りか」
ネギ博士「陸が変態すぎるので、陸を黙らせるための『おしおき部屋』も彼女が作った(多分)。
彼女も魔法使いなので、クリーチャーを連想させるような装飾を施してある。が……結構判りにくい。軍服と勲章のようなバッジでエンジェル・コマンドを連想していただけるとありがたい。軍服で何故エンジェル・コマンドなのかというと、ヒーローズ・クロス・パックのアルカディアスの肩の部分が昔の軍服っぽくなっていたから(多分、あれはW(ホワイト)の服装とかけている部分だと思うけど)。他に、デュエリスト達を指揮する事とエンジェル・コマンドは戦場で指揮官的な立ち位置になるだろうから、それもある。菜央が実際に戦うシーンは今のところ考えていない」

◆登場人物達のデッキ◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ここでは、征市達のデッキを公開してるよ!)」

『相羽征市:インビンシブル・スラッシュ』
・クリーチャー
4 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
3 x 無頼勇騎ゴンタ
4 x クゥリャン
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x 鳴動するギガ・ホーン
2 x 紅神龍ジャガルザー
3 x ボルシャック・大和・ドラゴン
3 x アクア・サーファー
1 x 翔竜提督ザークピッチ
1 x 戦攻竜騎ドルボラン
・進化クリーチャー
1 x 大勇者「ふたつ牙」(デュアル・ファング)
・呪文
3 x エナジー・ライト
1 x サイバー・ブレイン
2 x トリプル・ブレイン
3 x ナチュラル・トラップ
2 x 地獄スクラッパー
・クロスギア
2 x 熱刀 デュアル・スティンガー

征市「これが俺の使用デッキだ」
ネギ博士「基本的には、福袋デッキOVのレシピのまま(福袋デッキOVのリストはこちら)。手札もマナも増やして大型の切り札をガンガン使うデッキっていうのを意識している。第一話と第二話ではこのまま使ったけれど、話によっては少しだけ枚数変更をするかもしれないね」

『遠山陸:バイオレンス・サバト』
・クリーチャー
4 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
4 x クゥリャン
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x 甲魔戦攻ギリメギス
1 x 冥府の覇者ガジラビュート
3 x 凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
2 x アクア・サーファー
3 x 威牙の幻ハンゾウ
・進化クリーチャー
1 x 悪魔神バロム
1 x 悪魔神ドルバロム
・呪文
3 x フェアリー・ライフ
3 x エナジー・ライト
1 x サイバー・ブレイン
4 x デーモン・ハンド
・城
2 x ローズ・キャッスル

陸「これが僕のデッキさ!」
ネギ博士「第二話の時点では全貌が明らかにされていない陸の使用デッキ。こちらも福袋デッキOVの修正。征市のインビンシブル・スラッシュと同じように、小説の色々なシチュエーションで逆転できるように考えて作ってある。これも話によっては少しだけ枚数変更するかもしれない」

『仮面のデッキ』
・クリーチャー
4 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
4 x 氷牙フランツI世
4 x 氷牙レオポル・ディーネ公
4 x 魔光死聖グレゴリアス
3 x 魔光神ルドヴィカII世
4 x 魔光神レオパルドII世
・呪文
2 x 魔弾ソウル・キャッチャー
4 x 魔弾グローリー・ゲート
1 x サイバー・ブレイン
2 x 魔弾バレット・バイス
4 x 魔弾オープン・ブレイン
4 x デーモン・ハンド

ネギ博士「仮面達が使用していた共通のナイトデッキ。使い回す事は最初から考えていたが、時間がなかったので、三日で急いで組んだ。逆転しにくそうに見えるけれど、上の二つのデッキで逆転できるデッキを考えていたらこうなった」

◆次回は?◆
ネギ博士「タイトルくらいしかまともに考えていないんだぜ。今回から、ちょっと話が進む感じ。ぶっちゃけ『コードD』は途中、二、三話読まなくても話についていけるような作品を目指しているから、次の話は読まなくてもOK」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:書き手がそんな事言っちゃダメだよ!)」
ネギ博士「もちろん、それは判っているさ。ただ、毎回、読まなかった事を公開するくらい、面白い話にしようと思っているよ」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。