スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM小説ってそもそも何だろう?~その1~

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「皆さん、ばんわんこ。ネギ博士です」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こんばんは!わん太だよ!)」
ネギ博士「眠い体に鞭打って記事を書くぜ!ここはDM小説メインにするって決めたから、可能な限りDM小説について書かないとね!
まあ、そもそも「DM小説って何よ?」って人多いんじゃない?手、上げてみて」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士まで上げてどうするの!)」
ネギ博士「はっはっは、DM小説とはなんだろうという命題を常に考えている私にとって「DM小説って何よ?」という疑問は片時も頭から離れないのだ!……すんません、半分嘘です。DM小説の事を忘れている時も結構あります。
さて、そんなボケはスルーだ!スルー!
DM小説の『DM』とはデュエル・マスターズの事。だから、デュエル・マスターズについて書く小説だよね。だが、デュエル・マスターズについて書くといっても、マンガの二次創作じゃない」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:DM小説はデュエル・マスターズのカードゲームについて書くオリジナルの小説なんだよね!)」
ネギ博士「がーん!私がくっだらねぇボケをかましている内にわん太ちゃんが答えを言ってしまったぞ。その通りだ。だが、一口にDM小説といっても色々なものがある」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:大まかに分けて、デュエル・マスターズを使って実際にプレイする人達の小説とクリーチャーの世界を書いた小説だよね!)」
ネギ博士「がーん!またわん太ちゃんに先を越されてしまった。その通りだよ、わん太ちゃん。DM小説と言っても大まかに分けて二つの種類が存在するんだ。次回から、その二つのDM小説の特徴と私が書く時に気をつけた事などを書いていこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:今、書かないの?)」
ネギ博士「もう、今日は眠いよ……」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。