スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コードDスペシャルファイル】ファイル28 燃えろ!そして、蘇れ征市!!

 登場人物
・ネギ博士
このコラムを書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。
・相羽征市(あいばせいいち)
『コードD』の主人公。
・一ノ瀬彩弓(いちのせあゆみ)
『コードD』のヒロイン。

ネギ博士「子供の頃に刷り込まれた影響なのかどうかはよく判らんが、一度強敵に負けた主人公がパワーアップして強敵に立ち向かう話が大好きだ。そんな訳で、連載前から書ける時を待ちに待っていた第二十話である」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:前回から放置しすぎだよ!)」
ネギ博士「『ネギふゆ』でも書いたが、十年ぶりくらいにミニ四駆に復帰するつもりだったから、その準備でサボってしまったのだ。今こそ、失われた十年を取り戻すぞ!」
征市「取り戻すのはいいから、続きを書け!」
彩弓「わたしの出番も増やしてねっ!」
◆第二十話を書いて◆
ネギ博士「文字数は訳一万四千文字。当時、色々あって書く時間が確保できなかったのを覚えている。キメラ男無双だったなぁ、って思う」
彩弓「今まで負けなしだった陸君と湊ちゃんも負けちゃうなんてすごい怪人だね!」
ネギ博士「陸は一回、第十五話で一真に一回負けてるけどね。四十話以上書いた今の目で見るとそんなに強いと思えないけれど、当時としてはやっぱり最強だったなぁ、こいつ。
あと、征市の復活とキメラ男の前に現れる時がヒロイックで好き。ありきたりって言われそうだけど、こういうヒロイックなのは好きだからこれからもやりそう」

◆第二十話メモ◆
征市、自分の部屋で目を覚ます。隣に彩弓が。征市、彩弓にカーニバルが中止になった事、そして、征市がしばらく目を覚まさなかった事を話す。征市はそれを聞いて自分がキメラ男に負けた事を思い出した。魔力を失った事とカーニバルが中止になった事で二重にショックを受ける征市。彼の頭を彩弓が抱きかかえる。征市はそれによって自分の中で何かが満たされていくのを感じた。
湊、キメラ男に挑む(征市のデッキを取り戻すため)が、敗北。自分のデッキを奪われてしまう。キメラ男が去った後、一緒にいた陸によって運ばれる。魔法警察の医務室で陸を責める菜央(魔法警察の医務室を出た後でも可)。陸はカーニバルを控えた征市にキメラ男の出現を話さなかった事に責任を感じていると言った。そのため、陸と湊は自分達でキメラ男を倒すと決めたのだった。そこで魔法警察(外に出ていた場合、一真から)から二人に連絡が入る。キメラ男が、山城公園(もしくは未来地区)で暴れ出したというのだ。陸はそれを聞いて飛び出し、菜央は彼を追った。
征市、書斎へ。そこには真実がいた。警戒する征市に真実はデッキを渡す。征市がデッキを受け取ったのを見て、真実は窓から飛び降りる。征市は慌てて窓に駆け寄るが、そこに真実の姿はなかった。二号がやって来て「誰か来てたのか?」征市「さあな」テレビをつけた征市、そこでキメラ男が暴れているのを見て、部屋を出る(テレビの映像は途中でカメラかニュースキャスターがやられて砂嵐に)。
征市を慰める方法を考えながら歩く彩弓。そこで彼女は人々の悲鳴を聞き、そこへ向かう。見ると、そこにはキメラ男がいて陸と戦っていた。魔法警察はキメラ男が生み出した疑似プライズに倒されている。陸が敗北し、駆けよる彩弓と菜央。全、キメラ男にその二人を怪人の材料にするため連れて来るよう命令。デッキを取り出す菜央を見て全「抵抗するなんて生意気な!やっつけちゃいなさいっ!」キメラ男がデッキを取り出すのと同時に、爆発する疑似プライズ。キメラ男が驚いて周囲を見ると征市が。「リベンジしに来たぜ」征市、キメラ男に勝利し、陸のデッキを奪い返すのだった。

ネギ博士「メモの状態から彩弓に当たり散らす征市とか、それを包みこむ彩弓の優しさとかアドリブでできたのには驚いた。もしかしたら、酒の力を借りていたかもしれん」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:酒の力なの!?)」
ネギ博士「この話を書いて、彩弓って私が思っていたよりスペックが高いヒロインなんじゃないかと思った。十三話でも同じような事を思ったし」
彩弓「えへへ~。褒められると照れるね」
ネギ博士「褒めすぎると調子に乗りそうだからこの辺りでやめておこう」
征市「いや、もっと褒めてやれよ」
ネギ博士「キメラ男とのリターンマッチのところで、二話でも使った「白馬の王子様……」をまた使ったのはわざと。ここで一度リセットしてみたいと思ったから、入れてみた」

バトルシーンメモ
・陸VSキメラ男
 陸、ハンゾウでキメラ男のクリーチャー除去。キメラ男、サンダーで効果発動。陸、シールドを犠牲にハンゾウを守る。ハンゾウをドルバロムに進化(サンダーの攻撃で陸のシールドは0)サンダーを攻撃。キメラ男、キリュー・ジルヴェスで陸を攻撃。
・征市VSキメラ男
 征市、ライフでスタートコッコ・ルピアにつなぐ。キメラ、小型クリーチャーでブースト。トリプルマウスでハンデス。征市、ザークピッチをカウンターで出す。全て手札に。
ヘリオスでキメラ男の小型クリーチャー全滅。ザークピッチで攻撃。トリガーハンドでヘリオス破壊。
中断
サンダーでコッコ、手札破壊。シールド0の征市、場にはインフィニティのみ。キメラのシールドは3と切り札のサンダー。征市、バルガライザー召喚、攻撃。大和が出る。インフィニティで攻撃。トリガーでハンドが出るが、インフィニティの効果で大和を守り、とどめ。

ネギ博士「バトルシーンのメモはこんな感じ。今回、征市の新デッキが登場って事で普段より力入れて丁寧に書いた」

◆今回のデッキ◆
・クリーチャー
4 x コッコ・ルピア
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x 緑神龍バルガザルムス
1 x 闘龍鬼ジャック・ライドウ
4 x 紅神龍バルガゲイザー
1 x 紅神龍ジャガルザー
2 x ボルシャック・大和・ドラゴン
2 x 無双竜機ドルザーク
1 x インフィニティ・ドラゴン
1 x ヘリオス・ティガ・ドラゴン
4 x 竜星バルガライザー
1 x 翔竜提督ザークピッチ
・進化クリーチャー
1 x 超竜バジュラ
1 x 超竜騎神ボルガウルジャック
・呪文
3 x フェアリー・ライフ
3 x ナチュラル・トラップ
3 x 地獄スクラッパー

ネギ博士「征市の新デッキ。今まで使っていたデッキのパワーアップ型ではなく、別タイプのデッキを出してパワーアップを表現しようと考えていた。連ドラの形にしようと思ったのは、第一話を書いていた頃。三カ月くらいかけて作った。連ドラなら、出るドラゴンによって色々な逆転のパターンが作れるだろうと思ったけれど、そんなにバリエーションは増えなかった気がする。《バジュラ》の表現が難しくて出番が少ない」

◆おわりに◆
ネギ博士「当時はうまくいかないと思う事が多かったけれど、やっぱりこの話は好きだ。持てる力をフルに使ってパワーアップの話を書けた気がする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:パワーアップに続いて次回もヒーローものではお馴染みの話だよね)」
ネギ博士「ああ、ヒーローものではお馴染みの追加メンバー登場の話だね。そんな訳で次回のスペシャルファイルもお楽しみに!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。