スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキーカラー

『ラッキーカラー』
「今日のラッキーカラーは緑色、か」
 その少年、陣内(じんない)は自分のブログにつけたブログパーツ、『ラッキーカラーガイド』を見て呟く。朝、起きた後、身支度の他に自分のブログをチェックする事が彼の日課になっていた。『ラッキーカラーガイド』は一週間前からつけたのだが、ラッキーカラーの物を身につけてもいい事は起こらない。むしろ、ラッキーカラーの物のせいで不運になる事が多かった。
 ラッキーカラーが青だった時、陣内は新しく組んだネタデッキを持っていたのだが三回連続で水文明単色の速攻デッキと戦い、その真価を発揮する事はできなかった。フリーデュエルなのだから、対戦相手に速攻は使わないでもらえばよかったと後悔している。
 ラッキーカラーが赤の時に、陣内は火文明単色の速攻デッキを使った。相手を追い詰める事には成功したものの、シールド・トリガーの《地獄スクラッパー》でクリーチャーが全滅し、負けてしまった。
ラッキーカラーが紫色の時は、文明で当てはまる色がないと安心したのだが、紫色を多く使ったイラストのカードに苦戦した。
 このように、『ラッキーカラーガイド』は彼にとって非常にアンラッキーな色を示してくれている。そのため、陣内はこのブログパーツを『アンラッキーカラーガイド』と呼んでいた。『アンラッキーカラーガイド』がラッキーだという色を遠ざけていれば悪い事は起こらない。
 しかし、今日は厄介だった。緑色と言えば、自然文明である。今、自然文明のカードを使ったデッキは多い。陣内が調整したデッキも自然文明のカードが入っていた。自然文明のカードが入っていないデッキを使う事も考えたが、そのデッキで勝つ自信はない。
 迷った挙句、彼は自然文明入りのデッキを使う決心そして部屋を出た。今日は近くのショップでデュエルロードがあるのだ。

 いつもと同じように三十人近くがショップに集まり、昼まで様々なプレイヤーがフリーデュエルを楽しんでいた。陣内もフリーで何回か戦ったのだが、その時は自然文明のカードでひどい目に遭う事はなかった。
 時刻は一時となり、デュエルロードが始まる。スイスドローのため、一度負けても戦いが終わる事はない。しかし、一度でも負けたら優勝は不可能に近い。
 陣内の対戦相手は眼鏡をかけたサル顔の少年だった。サルをロゴに使ったブランドのシャツを着ているため、陣内は「洒落のつもりか」と心の中で呟いた。
 対戦相手の少年に特に関心を抱いていなかった陣内だったが、彼がデッキをテーブルの上に置いた瞬間、目の色が変わった。サル顔の少年は緑色のスリーブにカードを入れていたのだ。それを見た陣内は、朝、見た「ラッキーカラーは緑色」の文字を思い出していた。
 対戦相手の「よろしくお願いします」という声で我に返った陣内はジャンケンを終えて対戦を始めた。

 この店のデュエルロードは三本勝負、二本先取で行われる。一本目をサル顔の少年が、二本目を陣内がそれぞれ勝利した。三本目ともなると、お互いに相手のデッキ構成がよく判る。
 サル顔の少年は自然文明のカードをサポートに使った火文明中心の連ドラだった。陣内のデッキは《ゼンアク》をメインにした五色デッキだ。
 三本目は2ターン目から《フェアリー・ライフ》を使えたので、かなりいい動きができた。しかし、相手も負けていない。互いに一歩も引かず、戦いは終盤に突入した。
 陣内の場にはリンクした《ゼンアク》と《アマテラス》が一体。シールドは残っていない。
 そして、対戦相手の場にクリーチャーはいない。シールドは残り二枚だ。
 陣内は《ゼンアク》で二枚のシールドをブレイクする。これでシールド・トリガーさえ出なければ勝つ事ができる。 少年は一枚目を手札に加え、二枚目を見た。すると、彼はシールドを表にして《アマテラス》を指す。
「シールド・トリガー、《ナチュラル・トラップ》で《アマテラス》を除去します」
 緑色のカードだった。それによって《アマテラス》は除去されてしまったが、《ゼンアク》はアンタップする事で、ブロッカーとして使用する事ができる。それに、少年の場にクリーチャーはいない。
 勝つのが1ターン遅れただけだ、と自分に言い聞かせて陣内は相手を見た。
 サル顔の少年はマナゾーンのカードを八枚タップすると、マナのカードを三枚出し、その上に一枚のカードを重ねた。
「《超天星バルガライゾウ》を召喚します。メテオバーンで三枚めくります」
 《バルガライゾウ》も緑色のカードだった。山札からめくられた三枚の中にスピードアタッカーのドラゴンの姿もある。《ゼンアク》で一体ブロックしても他のドラゴンでとどめを刺す事が可能だ。
「やっぱりあれは『アンラッキーカラーガイド』だ」
 デュエルが終わった後、陣内は一人、呟くと『ラッキーカラーガイド』をブログから外す事を決めた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。