スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギ博士「プレゼントフォーユー」

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「性懲りもなくトラックバックテーマを使用した記事である。今回は、『第614回「もらって嬉しいプレゼントは何ですか?」』だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ぼく、骨の形のビスケットがいい!ふくろにいっぱいビスケットが入っているあれの事だよ!)」
ネギ博士「はっはっは、わん太ちゃんは賢そうで良識のある行動を取っていてもやっぱりわんこだなぁ。私の場合……いかん。もらってうれしいプレゼントが思い浮かばない。気がついたら五年くらいこんな調子だ。よく「物欲がない」と言われるがまさにその通りだったのか」
わん太ちゃん「わんわん(訳:欲しいものとかないの?)」
ネギ博士「プレゼントでもらうとなると、値段を瞬時に考えてしまう悪い癖があるからね。断わっておくけれど、これは「ちっ、こんな安いもんを渡しやがって」じゃなくて「こんな高いものもらって悪いなぁ」という申し訳ない気分になってしまうというめんどい癖だ。
ぶっちゃけ、もらうより渡す方が好きな人種なんだよ、私は。色々策を練ってどうやって相手を喜ばせるかという事に知能の全てを使う。クリスマスとか人の誕生日とかずっとこんな感じ。ん?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうしたの?)」
ネギ博士「もらってうれしいものあったよ。今、限定だけれど。ちょうどいいサイズの黒くて格好いい鞄が欲しいと思っていたところだ。もらえたら最高にうれしいプレゼントになるだろう。欲しいなぁ、黒い鞄」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そう言えば博士、今回はこういう話の時につきものの「現金もらったらうれしい」とか「商品券がいい」とかが出なかったね)」
ネギ博士「そういう卑しい事を言うんじゃない。でも、そういう私でも図書カードだったら小躍りして喜ぶので胸を張ってそういう人達を否定できないのが悲しいものだ。読書好きだったら、図書カードは絶対喜ぶよね」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。