スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギ博士「お前は、今まで食った鍋料理の数を覚えているか?」

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さて、三日目にして、いきなりDM小説に関係ない記事だよ、わん太ちゃん」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:ちゃんとDM小説の事を書かなきゃだめだよ!)」
ネギ博士「怒る気持ちは判る。だが、待ってくれ。FC2のブログではトラックバックテーマというものがあって、それが毎日変わる仕組みになっているらしい。今回は『第606回「この秋、お鍋はもう食べましたか?」』というお題だったのだ。最近、突然寒くなって困ってしまった私としては鍋料理が恋しいのだ。鍋大好き!
というわけで、今日は鍋料理について語ってみようと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:鍋料理について語るって言っても、ぼくは犬だから食べられないよ)」
ネギ博士「鍋は堅いからね」
わん太ちゃん「…………」
ネギ博士「ごめん。こういったジョークは必須だと思ったんだ。
私と鍋料理の思い出ってのは結構あるかな。例えば、一人暮らしをしていた学生時代に吉祥寺で食べたキムチチゲはすごくおいしかった。私の知り合いと友人Y氏と私の三人で行ったんだけどね。私の知り合いがそこを紹介してくれて。私も友人Y氏も辛いのが苦手だったんで、ちょっとやばいかな~って思いながら食べ始めたんだけど、これがおいしい!本当においしかったよ!おいしいものを語るボキャブラリが不足しているからうまく説明できないけれど、突き刺すような辛さはなくまろやかで食べやすかったね。その時も、急に気温が下がった頃だったから、温かい鍋で体が温まったね。
他には、また一人暮らし時代に友人Y氏と一緒に食べた鍋の話なんだけどね。これは、店に行って食べたんじゃなくて、私が調理した奴。当時のバイト先の忘年会のくじで一等賞のカニを当てたので、それを鍋にして調理しようって事になったんだよ。で、近くのスーパー行って材料買って。
でも、カニなんて普段料理しなかったから(一人暮らしの学生にそんな高級食材を調理する機会なんて皆無に等しいはずだ)大家さんに調理法を聞いて(その時におすそ分けするのは忘れなかったぜ)カニが入りそうな大きさの鍋は友人Y氏のとこにしかなかったから、彼のところに行って作って食べた記憶がある。あのカニはうまかったなぁ……また食べたいな」
わん太ちゃん「わんわん(訳:へぇ~、博士って「よっしゃ!イタリアンだ!ピッツァマルゲリータだ!エスプレッソだ!」とか「よっしゃ!そばだ!」って外食の時はイタリア料理とそばしか選ばないような人だから、鍋料理の思い出があるのって意外だったよ)」
ネギ博士「日本人にとって鍋は一種のソウルフードなのさ。鍋で調理すると言えば、永谷園の煮込みラーメンがあるけれど、あれも簡単にできて結構うまいし、体も温まるよね。今、一人暮らしをしている人やこれから一人暮らしを始めようと考えているそこの君!野菜とか肉とかと一緒に買っとけ。うまいぞ。私は野菜とか肉とかと一緒にモチを入れて食べた事もあるよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:なんだかおいしそうだね)」
ネギ博士「うん、記事書いてたら食べたくなってきたよ。他にも多摩センター三越のレストラン街にもすき焼きとしゃぶしゃぶ食べ放題の店があって、そこに行ったとかいろいろな思い出があるけれど、今日はこのあたりで終わりにしておこうかな?
鍋の話をしたら、食べたくなってきたよ。近くにおいしいところがないか探してみようかな?」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。