スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーゲームとインプット

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドールレトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さて、DM小説について語る事が多すぎて整理しきれていないけれど、どんどん語っていこうか。今回はぶっちゃけて言っちゃうと、DM小説とはあまり関係がない話だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:関係ない話を書いちゃだめだよ!)」
ネギ博士「何を言うんだ、わん太ちゃん。確かに今までこの流れで言うと、『ネギの舞台裏』ではどうでもいい馬鹿話になっていたけれど、今回は意味のある話だ。
小説を書くならば、というより創作をするのならば『インプット』と『アウトプット』という二つの言葉がある事は覚えておかなければならない。今回、話すのは『インプット』に関する話だ。
小説を書くならば、できるだけ色々な知識をインプットしておいた方がいい。私が考える小説を書く上で必要な知識は二種類ある。

一つは、漠然とした単純な情報に関する知識。みんなが知っている事とか専門的な知識とか雑学とか何でもいいけれど、とりあえずは単純なそこにあるだけのデータね。専門的な知識を持った主人公や専門的な知識を使う小説の場合、この単純な知識が必要になる。
ほら、医療小説を書くのに医学についてまったく知らないけれど、書きますっていう人はいないでしょ?いるかもしれないけれど、それではきちんと書けないでしょ?だから、調べたり取材したりするんだよ。DM小説だったらデュエル・マスターズに関する事柄(デッキ、カードの効果、プレイなど)がこれに当たる。

で、今回紹介するのはもう一つの知識。物語の作り方とか動かし方とかの知識だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:セリフ、長かったね。はい、お水)」
ネギ博士「ありがと。物語の作り方とか進め方とか動かし方を学ぶには、実際に色々なストーリーを見るのが一番いい。有名な作家さんは映画をよく見ていたりするケースがある。そんな感じでストーリーの作り方を叩き込むんだ。
とはいっても、映画をいっぱい見たり本をいっぱい読んだりするのには金がかかる。それにもっと手軽な方法もあるかもしれない。
というわけで……そろそろ気づいて欲しい。このブログの右上に何かないかな?」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:あ!何かあったよ!あれはなんなの!?)」
ネギ博士「某フリーゲームサイトの機能の一つを借りてきた。ランダムでフリーゲームが紹介されるから、気に入ったのがあったらクリックしてダウンロードしてプレイしてみるといい。大抵、ダウンロードしたらそのまま遊べるし、遊ぶのにツールが必要なものもあるけれど、それも無料だ。
短いものから長~い大作まであるぞ。色々なクリエイターのアイディアに触れるいい機会だと思うんだ。本当におもしろいものもあるから、無料だからって馬鹿にはできないぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:無料で遊べたら手軽だし、楽しいね)」
ネギ博士「その通り。ただし、おもしろすぎて時間を忘れても私は責任を取らない。
うん、楽天だと設置できなかったけれど、これでようやく設置ができた。うれしいよ~」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。