スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DM企業戦士 時任俊之助』第七話&第八話 第九話&第十話の裏話

 登場人物
・ネギ博士
この記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「もいっちょ四話連続で公開した『時任』。今回は時任が敗北する話(第七話&第八話)とそこから立ち直る話(第九話&第十話)だったね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今までちょこっとだけ出ていた文美がようやくレギュラーキャラとして時任達の前に姿を見せたね!僕、最初は敵キャラだと思ってたよ)」
ネギ博士「そいう風に見せたかったんだよ。色々想像してもらえるように書いたんだ。じゃ、今回も解説行くよ!」

◆新たなストーリーの入り口となる第七話&第八話◆
ネギ博士「確か、七話と八話って一か月くらい間を空けて書いたんだよ。八月は何故か、小説が書けない月でしかも、公式の大きい大会の準備があったから、そっちに時間を割いていたんだよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この話から文美が時任達と絡んでくるようになったよね)」
ネギ博士「そうだね。時任が火文明で百瀬が光文明、熊本が自然文明だから文美は闇文明にしようと最初っから決めていた。だけど、闇だからってどことなく暗い性格のキャラクターにするのは嫌だったし、悪役っぽくするのも嫌だった。私、ひねくれ者だから普通にするのが嫌いなんだよね。闇文明使いだけれど、明るい性格で会社の人気者って、最初からこの設定で行くつもりだったし、初心者ばかりのDM企業戦士達を引っ張る師匠みたいな役目も持たせた。金井社長の考えを伝える一種のメッセンジャー的な要素もあるかな?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、実力は時任よりも文美の方が上なんだね)」
ネギ博士「この時点ではね。時任達三人の中では一番余裕を持ってプレイするタイプなんだよ。マイペースなんだね。
今、改めて七話の最初読み直してみたけれど……おかしな事考えるなぁと思ったよ。私ってよくこういうシーンを書くんだよね。最近は自重してるけれど」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:おかしすぎるよ!そのおかしさが『元祖・ネギの舞台裏』やこのブログを生んだのかな?)」
ネギ博士「そうかもしれないね」

◆大会編序章とも言える第九話&第十話◆
ネギ博士「主人公が敗北から立ち直る話って好き。こう、徐々に立ち直っていく過程にカタルシスを感じるんだよね。あと、九話冒頭の夢も好き」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この話では、イカサマをする敵が出てくるんだね)」
ネギ博士「全国の「矢島」姓のみなさま、ごめんなさい。この話から文美と熊本の立ち回りの仕方とかが判ってきたと思う。書きなれたかな?熊本ってデュエル以外で役に立つシーンが多いなぁ。むしろ、デュエルだと目立ってないような……。まずい!それはまずいぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、熊本がメインの話もあるよね)」
ネギ博士「あるある。熊本が活躍する話だってちゃんとあるさ。
さて、ゲストキャラの矢島。毎回、ゲストキャラは適当に決めていた。前に書いた神父や悪魔のコンビもね。ゲストキャラの書き方とか『時任』は『デュエル・ジャック』の影響を受けたと思っている。
矢島は、最初からイカサマを使うっていう設定だけは決まっていて、あと暗そうな性格とかを付け加えていった。でも、それだけだとキャラが薄いから前から使いたかった眼鏡がずり落ちる敵キャラって要素を使ってみた。眼鏡がずり落ちるキャラと言えば『ワイルドアームズ2』のジュデッカが出てくるよ。もうしばらく眼鏡がずり落ちるキャラは書けないかと思ったけれど、意外とこのキャラクター目立たなかったから(後に『時任』のキャラクター達が出てくるDM小説『DUEL OR DIE』でも出なかった)もう一回くらい眼鏡がずり落ちるキャラをDM小説で出してもいいかもしれない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:眼鏡がずり落ちるっていう設定にずいぶんこだわっているね)」
ネギ博士「おもしろいからね。活かせるかどうかはともかく使いたい設定だよ」

◆各キャラクター使用デッキ◆
ネギ博士「連載当時(2006年)に作り上げた古きデッキだ!一つずつ解説していこう!」

◆時任俊之助 第八話使用デッキ◆
・クリーチャー
4 x シャーマン・ブロッコリー
4 x コッコ・ルピア
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x 紅神龍ガルドス
3 x 無頼勇騎ウインドアックス
4 x 無双竜機ドルザーク
3 x バルキリー・ドラゴン
2 x バザガジール・ドラゴン
・進化クリーチャー
2 x 超竜ヴァルキリアス
・呪文
4 x フェアリー・ライフ
3 x ナチュラル・トラップ
3 x 地獄スクラッパー

ネギ博士「うんとね、この話もそうだったけれど、時任がドルザークを使おうとするとろくな事にならないんだ。召喚酔いしている内に除去されたりとかね。野菜嫌いなのに、シャーマン・ブロッコリーが入っているのは完全にミス。もっと頭を使わないとね」

◆相原文美 第八話使用デッキ◆
・クリーチャー
4 x ギガザンダ
3 x 双神兵カミカゼ
3 x 砕神兵ガッツンダー
4 x ギガスラッグ
3 x 翔天魔獣ギガッピ
4 x ギガバルザ
2 x 腐敗勇騎ガレック
・進化クリーチャー
4 x 超機動魔獣ギガランデス
・呪文
1 x スケルトン・バイス
3 x デーモン・ハンド
3 x 地獄スクラッパー
・クロスギア
3 x デモニック・プロテクター
3 x クエイク・スタッフ

わん太ちゃん「わんわん!(訳:文美のデッキはキマイラをギガランデスで強化するデッキだね!)」
ネギ博士「ギガランデス好きなんだよ。あとキマイラも結構好き。今だったらアーマロイドメインにするかもしれないけれど、当時はそこまで考えていなかったね」

◆時任俊之助 第十話使用デッキ◆
・クリーチャー
2 x ピーカプのドライバー
4 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
3 x 無頼勇騎ゴンタ
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x 猛菌剣兵チックチック
2 x 無頼勇騎ウインドアックス
3 x 紅神龍ジャガルザー
4 x アクア・サーファー
2 x バザガジール・ドラゴン
・進化クリーチャー
2 x 大勇者「大地の猛攻」(ガイア・スマッシャー)
・呪文
3 x 母なる大地
1 x サイバー・ブレイン
3 x ストリーミング・チューター
3 x 地獄スクラッパー

ネギ博士「第八話よりも軽くスピード重視の設計になっているデッキ。やっぱりジャガルザーはいいぞ」

◆矢島 第十話使用デッキ◆
・クリーチャー
4 x デンデン・パーカッション
4 x 光線人形ストリウム
4 x 腐敗電脳メルニア
4 x 嘆きの影ベルベットフロー
3 x 停滞の影タイム・トリッパー
1 x アクアン
3 x フォーチュン・ボール
3 x 屑男
・呪文
1 x サイバー・ブレイン
4 x デーモン・ハンド
・クロスギア
4 x クエイク・スタッフ
3 x デモニック・プロテクター
・進化クロスギア
2 x ツナミ・カタストロフィー

わん太ちゃん「わんわん!(訳:矢島のデッキはツナミ・カタストロフィーを切り札にしたデッキだよ!)」
ネギ博士「矢島の性格を暗くしようと思い、そこから連想した切り札がツナミだったんだ。効果も派手だから切り札らしい演出ができるしね」

◆おわりに◆
ネギ博士「第九話と第十話を大会編序章って言ったけれど、大会が始まるまでにはまだしばらくあるんだよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:次回は百瀬も登場するおもしろい話になるよ!)」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。