スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DM企業戦士 時任俊之助』第十三話&第十四話の舞台裏

 登場人物
・ネギ博士
このコラムを書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるラブラドール・レトリーバーのわんこ。

ネギ博士「さてさて、前の二つの話(第十一話&第十二話)で百瀬の三人の部下がでてきたわけだけれど、今回の二つの話(第十三話&第十四話)は百瀬メインの話だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:珍しいよね。この話では時任が一度も出てこないんだよね)」
ネギ博士「主役が出てこない話があるってすごく珍しいと思う。一話だけじゃなくて、二話続けてだもんね。
今回の話なんだけれど、これから大会編だから、普通の話にしようと心がけた。丁度、友人Y氏から判りづらいと言われていたので、この話から「判り易くするにはどうしたらいいだろう?」っていうのを心に留めてみたよ。だから、カードの説明とかも細かくなっていると思うし、話自体のシンプルで判りやすい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:前回で猿と犬と雉が出てきたから、今回は鬼が出てきたね)」
ネギ博士「この組み合わせが出たらもう鬼を出さなくちゃいかんな~とか思った。マナーの悪いプレイヤーの話とかいろいろ聞いていてそういうプレイヤーに苛立っていた事もあったから、そういう奴を叩きのめす話にしたんだ。そういう意味では、シンプルな勧善懲悪の話。
で、最後の方で百瀬が言っている「聖皇エール・ソニアスに映った貴様の姿……鬼に見えたり!」のセリフは当時やっていた桃太郎侍の決め台詞。ちょこちょこっと見ていたのを面白いかと思って使ってみたんだ。百瀬、ノリノリやん」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この話の百瀬は全体的に落ち着いていて格好いいよ!)」
ネギ博士「そうだね。本質的に百瀬はこういうクールで落ち着いた実力のあるキャラクターなんだ。時任と戦うと、「桃太郎」って呼ばれるから調子が狂うみたい」

◆それぞれの使用デッキ◆
わん太ちゃん「わんわん!(訳:最初に、百瀬が使っていたエール・ソニアスのデッキだよ!)」

◆百瀬光太郎 第十四話使用デッキ◆
・クリーチャー
4 x 宣凶師ベリックス
4 x 宣凶師ベルモーレ
4 x 宣凶師キンゼラ
4 x ストーム・クロウラー
3 x 宣凶師ゼメキス
4 x アクア・サーファー
・進化クリーチャー
3 x 超戦攻賢者アギラ
3 x 聖皇エール・ソニアス
・呪文
4 x シークレット・クロックタワー
3 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
1 x サイバー・ブレイン
3 x ホーリー・スパーク

ネギ博士「当時、アギラ使えないかな~と思ったんで、アギラメインのデッキを組んでみた。ただ、それだけだと攻撃が弱いので、エール・ソニアスを組みこんでみたんだ。ブロックメインだなぁ。今だったら強制攻撃を促すために、バルホルスとかも追加するかな?」

◆鬼塚恭兵のデッキ◆
・クリーチャー
4 x 予言者キュベラ
4 x 予言者ファルシ
4 x 電磁賢者シリオン
3 x パクリオ
1 x アクアン
4 x 予言者コロン
4 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
4 x アクア・サーファー
・進化クリーチャー
3 x 英霊王スターマン
・呪文
4 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
1 x サイバー・ブレイン
4 x ホーリー・スパーク

ネギ博士「これが鬼塚のスターマンデッキ。スターマンって進化元のパクリオとかで妨害しながらスムーズに進化できると思うんだよね。進化した後も結構強い。なかなかのいいカードだ。再録してくれないかな?」

◆おわりに◆
ネギ博士「次からはいよいよ大会編の解説に入っていくぞ!『時任』の修正版も終わった事だし、そろそろ別のDM小説の修正版もこっちに載せようかな?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:年内に『時任』の解説は全部書いてね!)」
ネギ博士「判ったよぅ……」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。